コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

訴えたかったこととは・・・。

下の広告って見たことあります?

「日本の犬と、アメリカの犬は、会話ができるのか。」

9月2日(木)に出版業界の「宝島社」が日本とアメリカの新聞8紙に同時掲載した企業広告です。

うちにも“ラブラドールレトリバー”(ですが)がいるので、最初見た時は素直に「カワイイ~。」としか受け取らなかったのですが、見れば見るほど、「この広告は何を訴えているのだろう?」「“宝島社”だから新しい本(雑誌)の売り込み広告?」など、私と妻とで疑問に感じておりました。

「そうだ!宝島社のホームページを見れば載っているかも!」と気付き、インターネットで調べてみたら、やっぱり載っていました。

ぜひお読みください。

コミュニケーションの大切さ。これが今回のテーマです。
外交問題や政治、経済の問題、そして最近目につく殺伐とした事件まで、いま日本が抱えている課題の根本にはコミュニケーションの問題が見え隠れしているのではないでしょうか。
こんなご時世だからこそ、「伝える」ことと「伝わる」ことの間にあるものは何なのか、今回は、これをあらためて問い直してみたいと思ったのです。
相手を思いやる気持ちがあればこそ、自分の思いもしっかり伝わるようにしたい。みんながそんな風に思えるようになれば、前向きでいいエネルギーが、対話の中からきっとどんどん生まれてくるはずです。
世の中を明るく元気にしていくのは、やっぱりコミュニケーションの力だと、わたしたちは思っています。

※宝島社HPより抜粋※

 掲載された新聞の意図として『コミュニケーションの大切さ』を訴えたかった企業広告でした。ふか~い意味が込められていました。

犬同士、実際には話せないでしょうが、行動・身振りや鳴き声などでは犬のほうがコミュニケーションを図るのは上手だと思います。

こんな時代だからこそ『コミュニケーション』を大事にしたいですね。

img_02.jpg
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

毎年恒例のお買いもの。

残暑お見舞い申し上げます。暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

うちでは毎年“大きいビニールプール”を買っています。勿論子ども達用にです。買い始めの頃はカインズホーム等で買っていましたが、大きさに限界があるので最近はインターネットで購入。

写真では小さく感じましたが、実際に水を入れてみると深さがあり、子ども達だけで遊ばせるにはちょっと心配な大きさです。

水を入れるのも一苦労。家を建てる時に井戸も掘ったので、プールには井戸水を使っていますが、約3,500ℓ使うので、水が溜まるまで5時間くらい掛かります。しかも、夏の井戸水は非常に冷たい・・・。入れて直ぐに入ったら心臓麻痺を起します。子ども達は何気ない顔で入っていますが、直ぐに唇は紫色に変色。私も時々入りますが冷たさで身体が痛くなります。一日くらい置くと徐々に温かくなりますが、比例するかのように徐々に濁ってきてヌルヌルしてしまいます。

親としては「水入れ,水抜き」「掃除」と大変ではありますが、子ども達には大好評!近所のお友達も遊びに来てくれて、恥ずかしげもなく皆、裸でドボ~ン!冷たいので出たり入ったり。

今までのビニールプールは長持ちして2年(2シーズン)。このプールも何年使えるか・・・。うちの妻は「来年はもっと大きいプールが欲しい。」と言っているので、更に大きくなるのでは・・・。

ちなみに、使用後の水ですが、花壇に水をやったり、芝に撒いたり、打ち水をやったりと再利用しています。

今年の夏もあと少し。思い出に残る“夏”にしたいですね。

11L.jpg
コンテントヘッダー

衝撃的な講演会・・・。

私、とある青年団体に所属しています(あやしい団体ではありません)。

先日、その団体主催による共育事業『子どもの心を受け止めよう~絆を深め、共に幸せになる為のコーチングを学ぼう!~』というお題目で親の方対象の講演会を開催しました。

当初180人を集客させる予定で、大田原市内近辺の小学校,中学校と幼稚園,保育園とチラシを配布しましたが、最終的には80人くらいと、人数的には寂しい結果となってしまいました。

人数は寂しかったのですが、内容は非常に良い講演で、「子どもの可能性は無限大。子どもの限界を親が邪魔して、伸ばそうとしていないのが現状。」と講師の方がおっしゃっていました。「親が子どもに道筋を決めるのでなく、子どもの夢や行動に対してサポートしてあげるのが大事である。」と、実践を踏まえながらご講演頂きました。

チラシに『対象者:子育てに悩んでいる方など』(その他対象者も書いてありましたが)と書いてあったせいか、終了後の先生との相談時間に2名の方が相談されていました。その一人の方は非常に悩んでおり、「最近はノイローゼ気味で家庭がうまくいっていない。夫と(夫の)親と子どもを殺して、自分も自殺したいと考えていた。そんな時にチラシを見て、これを聞いてからでも遅くはないと思っていました。」と衝撃の言葉が(本当の話です)。「先生の話を聞いて楽になりました。」と最後は言って頂いたので大丈夫かと・・・。

今回の講演で少しでも悩んでいる方の心が癒せれば成功だと思いますが、大きな悩みを抱えている人はこの方だけではないと思います。今回の講演に来ていたのはごく一部の親です。多少なりとも悩みを話せれば何とかなるのでしょうが、話せない人,抱え込んでしまう人など、色んな人がいます。そんな人をいかに救ってあげられるか・・・。今回は重い話になってしまいました。

コンテントヘッダー

楽しいひと時と体力の衰え・・・。

先日お休みを頂き、家族でディズニーランドシーに行ってきました
出発の前の日は娘の『運動会』で、先生方と運動会の打ち上げを遅くまでやっていたので二日酔い気味での出発。

初日はディズニーシー。ランドは何回か行ったことがありましたが、シーは初めてだったので前日までにマップ(地図)を頭に叩き込み、アトラクションも本を見て「どれに乗る,何を見る。」と妻と子ども達と話し合い、予習もバッチリ!

 開園前に1時間並び、いよいよOPEN。入園してすぐにファストパスの『タワー・オブ・テラー』を目指しダッシュ!人混みをすり抜けダッシュ!!ダッシュ!!!しかし、『タワー・オブ・テラー』の半分くらいの所で失速。二日酔いの影響もあってか、久々に息が上がり、足もガクガク。すれ違った子どもとぶつかり、反動で壁に激突。何とか目標のファストパスが取れましたが、予定していた時間より遅くなってしまいました。

シーで子ども達が楽しみにしていたのが『マイ・フレンド・ダッフィー』というショーでした。現在シーではダッフィーというキャラクターが人気みたいで、猫も杓子もダッフィーのぬいぐるみを抱きながらシーを楽しんでいます。そのショーはさすがに1時間近く並びました。食事しながらショーを楽しめるのですが、子ども達は食事そっちのけでショーに見入ってしまい、最終的に残った食事は私のお腹の中。

何はともあれ、その日は天気にも恵まれ、思っていたほど混んでなく、スムーズに色んなアトラクションに乗れました。

近くのホテルに一泊し、次の日はいよいよランド。「昨日(日曜日)シーが混んでなかったから、今日(月曜日)も混んでいないだろう。」と思ったら、朝から大行列。1,2時間待ちは当たり前状態。太陽サンサンの中、子ども達の為に走ったり、並んだり。“楽しむ”以上に“疲れた”2日間でした。

コンテントヘッダー

仕事です。

伊豆に行ってきました。

勿論仕事です!

イシンホームの関東・甲信越ブロック会議が「伊豆稲取」にて行われました。
ホテルの一室にて行われまして、イシンホーム全体の現状や今後の取り組み・活動、新商品の発表等、半日ではありましたが目一杯行われました。

kaigi
※只今休憩中

今後の活動、新商品では、こんなことや、あんなこと(まだ言えません・・・)を販売していく予定です。
4月頃には発表出来そうです。

夜にはイシンホーム本部や関東・甲信越の各店舗との交流会

交流会では毎回恒例(?)の本部スタッフのハ○カでのカラオケで大盛り上がり。
私は自分の○ダカに自信がないので出来ません。流石です!

温泉にゆっくり,ゆったりと浸り、疲れを癒し、明日への活力と英気を養いました。

帰りは栃木東店の店長と一緒に小田原へ寄り、小田原城散策と名物の蒲鉾をお土産とし、帰路へ。

あっという間でしたが、学び多い2日間、癒される2日間でした。

ginsuisou
泊まった旅館の『稲取銀水荘』。大きすぎて入りきりません

tencho
海の見えるお部屋でした。モデルは栃木東店店長。
プロフィール

名  前:tamo2
住  所:栃木県大田原市
性  別:♂
血液型:A型(マジメなA型)
干  支:丑(のんびり屋の丑年)
星  座:天秤座(バランス感覚抜群)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。